「世界不思議発見」乳酸菌でしわが薄くなる!花粉症・鬱病・更年期障害改善も

スポンサーリンク

 

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

2016年3月19日の「世界不思議発見」で、乳酸菌の特集をやってました。

本当に乳酸菌って良いことづくしなんですね!

乳酸菌は長寿の素!?

ae06bbce3f5a4417c8542d584e2e78cc_s

番組は、まずヨーグルト消費量NO1の国、ブルガリアの長寿の秘密から始まります。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を活性化するといわれています。

ブルガリアの人々は、ヨーグルトの他にも、乳酸菌たっぷりの「キセロ ゼレ」というキャベツのザワークラフトをたべたり、便秘気味のときにはその残り汁を飲んだりするようです。

長寿の原因も、乳酸菌が深く関わってると言われています。

花粉症も治してしまう!?乳酸菌の驚くべき効果

d5a1bacb8f35142160f08a1f32152035_s

長野県の木曽地方は、長野県の都市部に比べて、アレルギー罹患者の割合が半分以下なのだそうです。

木曽地方→16.9%
都市部→44.3%

すごいですね!なんでこんなことがおこるかというと、何種類もの乳酸菌を多く含む「すんき」というお漬け物のような木曽地方の郷土料理が原因のようなんです。

実際、すんきの汁をつかった食べ物を6人の花粉症患者に3ヶ月ほど食べてもらったところ、6人中4人が花粉症が改善されたという結果が得られました。

乳酸菌には免疫細胞のバランスを良くする作用があるそうなんです。

しわまで薄くなる?更年期障害・がんにも

5531b83a68632df1914b967ef5d270df_s

筆者は、この部分で一気に乳酸菌を摂ろうという気になりましたね(笑)

なんと、乳酸菌によって活性化された腸内細菌によって作られるエクオールという物質が、しわを薄くする効果があるというんです!

この物質が多く体内にある人は、がん細胞が少なかったり、更年期障害・骨粗しょう症の割合が引くかたりするんだとか。

体内に多く存在するかどうかは、検査する事が出来るそうで、実際番組内でも40〜50代の女性が検査をしていました。その中で値が高かった人たちの共通点は、食生活で、腸内細菌活性化に関係の深い納豆菌やダイゼインという成分を含む納豆や大豆製品を多く摂取していました。

腸内細菌を活性化させることって本当に大切なんですね〜♪

腸と神経はつながってる?鬱病改善も!

d4547639a7de8816db6ec6a8f918eac8_s

腸と神経がつながって影響し合う事を腸脳相関というそうです。

1年間寝たきりで、抗うつ剤でも治らなかった鬱病患者が、乳酸菌をとりだしてから、鬱病を完治してしまったというのです。

乳酸菌治療を行っているクリニックでは、9割の患者さんが薬をへらせているそうですよ。

甘酒に含まれる乳酸菌を利用して認知症改善に役立てた老人ホームもあるようです。

すごすぎる!乳酸菌!

自分にあった乳酸菌を一度にたくさん摂れる方法は?腸内フローラを考える

スクリーンショット 2016-03-20 9.48.25

こんな素晴らしい効果づくしの乳酸菌ですが、乳酸菌と言っても種類がたくさんあるんですよね。

人には腸内フローラという腸にすみつく細菌の群が存在します。

どの乳酸菌が、腸内フローラ、つまりは腸内細菌にうまく作用して、一番効果的なのかを見つけるのはかなり難しいです。

様々な種類の乳酸菌を一気にとらなければ!と思って、ヨーグルトも、甘酒も、すんきも・・・全てを取り入れるのは到底無理です。

そういうときは、サプリメントを積極的に摂る事がおすすめですよ。

ただ、乳酸菌系のサプリは乳酸菌の種類が少ない物も多いので注意です。

女性であれば、筆者のおすすめは【女神フローラ】



1日分の量で、17種類もの乳酸菌をヨーグルトにして170個分摂取できちゃうんです。

だから、これ一つ摂っておけば大丈夫!

健康サプリ30年の歴史のあるミリオンという会社の製品なので、怪しい会社が作っている物とは違い安心できますし。

通常1からヶ月分は5,500円なんだけど、定期コースに申し込めば今なら初回半額の5,500円になるみたい。送料も無料だしね。

お試ししたい人は、5日分2,500円のお試しもあるよ。

最初見たときは高いと感じたけど、これだけ厳選された乳酸菌がとれるものでこの値段だとむしろ安いかな。

ただ、これ、定期コース申し込みは、200名限定なんだって!

だから、一日でも早く乳酸菌をしっかり摂取して、しわ取ってきれいな自分になりましょ♪

かしこい乳酸菌の選び方『女神フローラ』

スポンサーリンク

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ