【衝撃の真実】生理中はダイエットに不向きって本当?プロゲステロンとエストロゲン(女性ホルモン)のバランスが原因【2日目】

スポンサーリンク

 

4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

「生理中はダイエットしても、無駄。」

常識として考えてる人は多いのではないでしょうか。

「せっかくダイエット始めたのに、生理が来るなんて・・・」

こんな経験、一度はあるかもしれないですね。

そもそも、なんで生理中は痩せないと言われているのでしょうか。

女性ホルモンの分泌量が鍵だった!【美人ホルモン】と【貯めこみホルモン】

c1d92b1803b977e7fb462b5aa62c7b95-e1412928124887

ご存知の方も多いとは思いますが、

生理前後での痩せやすい時期・痩せにくい時期は、

女性ホルモンによって決まっています。

女性ホルモンには2つあって、ごくごく簡単に説明すると下記のようになります。

女性ホルモン

エストロゲン(別名美人ホルモン)
新陳代謝を促し、女性の美容と健康を維持するのに欠かせないホルモン

プロゲステロン(ためこみホルモン)
妊娠に備えて、水分や栄養素を蓄えるホルモン

 

美人ホルモンこと、エストロゲンが多く分泌される時期は、ダイエットに最適な時期、ためこみホルモンこと、プロゲステロンが多く分泌される時期は、痩せにくい時期ということですね。

貯めこみホルモンは、水を蓄えようとするので、むくみもひどくなっちゃいます。

c1d92b1803b977e7fb462b5aa62c7b95-e1412928124887

もう一回グラフを出すけど、上のグラフで見ると一目瞭然。

生理前は痩せないというのは、わかりますよね。

だって、青い線の貯めこみホルモン(プロゲステロン)の方がピンクの線の美人ホルモン(エストロゲン)より遥かに多いもの。

しかし!!

生理中はどうでしょう?

実は、生理中、美人ホルモン(痩せやすい時期に多く出るホルモン)の方が分泌量が多い!?

グラフを見ると、少しではあるものの、貯めこみホルモン(プロゲステロン)よりもエストロゲン(美容ホルモン)のほうが分泌量が多いではないですか!!!

とすると、生理後2週間ほどのダイエット黄金期とまではいかないものの、生理中だって、痩せるのではないでしょうか?

生理後に向けて、生理中からダイエットをし始めたら、生理直後の減り方も大きいのでは?

こんな疑問が湧いてきますよね。

「生理中は痩せない」

この定説をひっくり返すために、昨日から生理中からダイエット開始しました!

これから、経過を書いていきますね!

次回は、「生理を早く終わらせる方法」生理中ダイエット経過を書きたいと思います。

(もちろん、生理の重さとか長さが人によって違うように、このグラフ通りというわけではなく個人差はあるのであしからず。)

スポンサーリンク

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ