凍り(凍み)豆腐(絹ごし)レシピでカロリーカットダイエット!作り方

スポンサーリンク

 

P1060214_R

凍り豆腐とは?

凍り(こおり)豆腐ってご存じですか?

豆腐を凍らせてから、水分を抜いて乾燥させたものを、「凍り豆腐」、別名「凍み(しみ)豆腐」というそうです。

皆さんがよく知ってる名前で言うと「高野豆腐」なんですって。一緒なものとは知らなかった笑

大豆イソフラボンを豊富に含む豆腐は、女性の乱れたホルモンバランスを安定させてくれる作用があるそう。

高植物性タンパク質でありながらカロリーが低く、ダイエットに最適の食材なんです。

その上、お肉に食感が似ているので、お肉の代用品として使えるというではありませんか。

ダイエット中でも食いしん坊の筆者メリ子はすぐさま、凍り豆腐を食べてみたくなりました。

調べてみると、この凍り豆腐、簡単に手作りできちゃうんです。

そこで実際に作ってみました。

凍り豆腐の作り方は?

P1060215_R

最近、テレビやインターネットでもよく見かけるようになってきたらしいですが、作り方は超簡単。

まずは、お豆腐を一丁用意します。

高野豆腐のようにしっかりした食感がいい人は木綿豆腐を、柔らかめで湯葉のような歯ごたえがいい人は絹ごし豆腐を。

今回は、絹ごし豆腐を使いました。

まず、お豆腐を適当な大きさに切って、キッチンペーパーで水切りします。もし、ここでよりしっかり水分を切りたければ、キッチンペーパーを上下に挟んで重しをして一日置くいいですよ。

P1060213_R

あとは、ジップロックなどの袋や容器に入れて、冷凍するだけなんです。とっても簡でしょ。

P1060216_R

凍るとこんな感じ。ぎゅぎゅっと縮んで、色も黄色くなりますね。薄さもこんなに、薄くなっちゃう。

これで、完成です。

P1060214_R

料理に使うために戻すときには、自然解凍か、または、レンジ解凍でもOK。

おすすめのレシピは、このお豆腐に、片栗粉を適量まぶして、油で両面焼いた豆腐ステーキ。たれは、お醤油とみりん、砂糖で照り焼き風にするもよし、塩コショウににちょっぴりお醤油でシンプルに食べるも良し。

これがとってもおいしいの!

食感は、湯葉のような歯ごたえになって、味も元の絹ごし豆腐より少し濃厚になる。ビールや日本酒のツマミにはもう、最高ですよ。夜にどうしてもお腹が空いて、夜食に食べたとしても罪悪感が少ないでしょ。

かなり重宝してます。

今回は絹ごし豆腐だったけど、肉の代用品としてより活用性が高い木綿豆腐の凍り豆腐も次回挑戦してみます。

ダイエットや女性の悩みにはとっても有効なお豆腐や大豆製品についての記事を下に貼っておくからチェックしてみてね♪
↓↓↓
>>>生理中のダイエット食事・運動法は?豆乳、大豆製品や酵素ドリンクがおすすめ!
↓↓↓
<<<黒酢、黒豆を食べる黒い食物ダイエット!?お正月太りも解消?フジッコ【クロクロ】限定お試しセットを食べてみた

スポンサーリンク

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ